« Rails 2.xの変更点と移行ポイントのまとめ | トップページ | キャズム »

Railsでアプリの雛形を作る時に便利なプラグインやパッケージ

image

Railsは普通に使っても生産性が高いですが、豊富に用意されているプラグインやパッケージの中から、自分好みのものをピックアップし、アプリ開発の雛形にしておくと便利です。そんなわけで自分がRailsでアプリケーションを開発する際に良く使うもの、これから使ってみたいものをまとめておきます。

Acts as Authenticated
ユーザー管理、認証プラグイン。登録されたメールアドレスにメールを送信しアクティベーションすることもできる。
Attachment_fu
ファイルのアップロードをサポートするプラグイン。Acts as Attachmentを拡張したもの。
ActiveScaffold
Ajax対応の高機能なScaffoldを利用できる。
acts_as_ratable
モデルへレーティング機能を持たせるプラグイン。
Acts As Taggable On Steroids
acts_as_taggableを拡張したプラグイン。キャッシング、タグクラウドの計算機能などが追加されている。
jpmobile
携帯電話特有の機能を Rails で利用するためのプラグイン。携帯電話のキャリア判別、 端末位置情報の取得、IPアドレスの検証、携帯電話ビューへの自動振分け、文字コード変換機能/絵文字のキャリア間相互変換などの機能がある。
Ruby-GetText-Package
Rubyスクリプト中の文字列を簡単にローカライズでき、国際化されたアプリケーションを作ることができるパッケージ。
他の便利なプラグインはPlugins in Ruby on Railsを参照してください。

|

« Rails 2.xの変更点と移行ポイントのまとめ | トップページ | キャズム »

Rails」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Railsでアプリの雛形を作る時に便利なプラグインやパッケージ:

« Rails 2.xの変更点と移行ポイントのまとめ | トップページ | キャズム »